ワールドメイト
どんなに貧しい人でも無料で治療が受けられる、カンボジアのシアヌーク病院 サイトマップ
空白
寄付・支援方法
カンボジアという国
シアヌーク病院とは
活動内容と目的
建設ストーリー
組織と運営
アンダーライン
マンスリーレポート
医療レポート
内科医療
外科医療
看護部門
放射線医療
薬局部門
HIVへの取り組み
医療図書館
アンダーライン
患者の物語
活動報告
画像2

シアヌーク01 シアヌーク02

インフォメーション

  • 2015年から、シアヌーク病院の体制が変わりました。
  •   「 ワールドメイト救急病院とシアヌーク病院




  • シアヌーク病院からの御礼状

  • 2012年8月1日(水曜日)

    ワールドメイトのスタッフおよび会員の皆様


    拝啓

     私はキース・グッドウィン(Keith Goodwin)と申します。私は現在、カンボジア王国プノンペンのシアヌーク病院センター・オブ・ホープで最高総務責任者を務めております。

     当病院のスタッフや医療物資に関する管理を行うことが、最高総務責任者としての私の役割です。そして、ワールドメイトが毎月惜しみなく提供してくださる寄付金が、当病院にとって、スタッフ面や物資面での大きな支えとなっているのです。

     これまで16年間にわたり、ワールドメイトとその会員の皆様から当シアヌーク病院センター・オブ・ホープにお寄せいただいたご支援に対して、感謝の言葉をお伝えしたいと思います。

     1996年以来、ワールドメイトからのシアヌーク病院に対する寄付は、途切れることなく毎年継続されてきました。当病院にとって、ワールドメイトは最大かつ最も重要な寄付者です。この寄付は皆様にとりましても決して些細な出費ではないはずですが、皆様の寛大な犠牲精神のおかげで、カンボジアの老若男女数多くの人々の生命が救われ、生活の質を向上させることができたのだということを、ここでぜひお伝えしたいと思います。

     当病院の全スタッフと、ここで無償で治療を受けている患者たちを代表して、「ありがとう!」の言葉を贈ります。

    敬具

    シアヌーク病院センター・オブ・ホープ
    最高総務責任者
    キース・グッドウィン(Keith Goodwin)




    2011年度 シアヌーク病院 年次レポートより(2012年7月発行)

  • 2011年、シアヌーク病院は開院15周年を迎えました。

  • 力を合わせて15年

    「一人でできることは限られているが、皆で力を合わせれば偉大なことが成し遂げられる」
    (ヘレン・ケラー)

     シアヌーク病院(SHCH)は、3つの人道的組織 − ワールドメイト(WM);ジャパン・リリーフ・フォー・カンボジア(JFRC); およびホープ・ワールドワイド(HWW)の各創立者の夢が1996年に結実したものでした。彼らはみな、クメールルージュ時代の犠牲となったカンボジア国民に医療を提供したいと切望されたのです。シアヌーク病院(SHCH)の経営陣とスタッフは、病院の活動に計り知れない貢献をされたこれらの各組織に、絶大なご恩を感じ、感謝しています。各組織は、シアヌーク病院(SHCH)の設立、維持と成長に重要かつ掛け替えのない役割を果たされました。ワールドメイトは、筆頭財政支援者として、ジャパン・リリーフ・フォー・カンボジアはカンボジア国内での業務支援に、また、ホープ・ワールドワイドは、病院人事と運営に。
     これらの先駆者の方々に加えて、みなさまのご支援により、これまで110万人以上を診断し、100万ドル相当の医薬品を無料提供し、数え切れない子供たちを孤児になるところから救い、また医療専門家やカンボジアの保健システムの構築に寄与することができました。今日のカンボジアが住みやすくなったのは、みなさまのお陰だと確信しています。

     シアヌーク病院開院15周年、おめでとうございます!


    更新情報
    • 2015年から、シアヌーク病院の体制が変わりました。 「ワールドメイト救急病院とシアヌーク病院
    • 2012年11月15日 シアヌーク病院の治療実績を更新しました。
    • 2012年09月05日 インフォメーション欄に「シアヌーク病院からの御礼状」を追加しました。
    • 2012年09月05日 「患者の物語」を追加しました。
    • 2012年09月05日 トップページを更新しました。

    シアヌーク病院とは

     シアヌーク病院(ワールドメイトが支援するカンボジアの24時間無料救急病院)の任務は、高度な医療サービスを、援助が必要な貧しい人々に、24時間体制で無料で提供することと、医療専門家たちにさらなる教育と、臨床的なトレーニングの場を提供することです。
     この病院は、ワールドメイトの資金拠出と、カンボジア王国政府の土地提供などにより、1996年12月、プノンペンに建設されました。

    ○ ワールドメイトによる、24時間無料救急病院設立と運営

     20年近い内戦により、医師や設備が極度に不足している、カンボジアの現状に心を痛めたワールドメイトの深見東州氏は、24時間無料で診療する救急病院の必要性を感じ、建設を決意しました。その呼びかけに応じた人々の協力により、1996年12月に近代的な病院が完成してから、ワールドメイトは今日まで共同で運営しています。ワールドメイトがカンボジア復興のために注いでいる情熱は、カンボジア国民の心に深く刻み込まれ、広く知られるところとなっています。



    2009.11.5 シアヌーク病院100万人治療記念式典 記念写真:左から、ロバート・ゲンペル(病院理事)、パトリッシア・ゲンペル(ホープ・ワールドワイド)、ケビン・オブライエン(病院院長)、キャロル・ロッドレイ(駐カンボジア米国大使)、イム・チャイリー副首相、深見東州、デボラ・クリッシャー(ジャパン・リリーフ・フォー・カンボジア)、マン・ブンヘン保健大臣。
    シアヌーク病院100万人治療記念式典 記念写真: 左から、ロバート・ゲンペル(病院理事)、パトリッシア・ゲンペル(ホープ・ワールドワイド)、ケビン・オブライエン(病院院長)、キャロル・ロッドレイ(駐カンボジア米国大使)、イム・チャイリー副首相、深見東州、デボラ・クリッシャー(ジャパン・リリーフ・フォー・カンボジア)、マン・ブンヘン保健大臣。(肩書きは、撮影当時)


     シアヌーク病院(ワールドメイトが支援するカンボジアの24時間無料救急病院)ができたことで、現在までに約117万人以上の方が治療を受け、年間数千人以上の尊い命が救われているのです。(2012年10月現在)
     もちろん、対処療法的な治療だけでは十分ではなく、同病院では以下の3つの活動を推し進めています。
    患者と交流するモニニヤット王妃と深見東州氏
    患者と交流する
    モニニヤット王妃と深見東州氏
    1) 現地の医療スタッフに世界最先端の医療技術を教育。
    カンボジア全体の医療技術の向上のための貢献。
    2) HIV(エイズウィルス)が母親から胎児に感染しないようにする研究。
    3) 地雷のため手足を失った方々のための専門集中治療。


    活動内容と目的
     20年近い内戦でほとんどの知識階級が殺され、医師は30,000人に1人(日本は500人に1人/1996年当時)というカンボジアに、最も必要なものの一つが病院でした。

     それまで医師や設備が足りないために満足に治療をうけることができず、亡くなっていった人たち…。深見氏は、このカンボジアの現状に心を痛め、24時間無料診療の救急病院の建設を決意しました。
    第一病棟
    第一病棟

    建設中のシアヌーク病院
    建設中のシアヌーク病院
    説明を受ける深見東州氏(左から3人目)
    説明を受ける深見東州氏(左から3人目)(1996年4月 撮影)
    建設現場を歩く深見東州氏
    建設現場を歩く深見東州氏

     カンボジア24時間無料救急病院(シアヌーク病院)では、1996年から今日まで、約117万人の人達に治療を施し、人々の命を救ってきました。(2012年10月 現在)
     深見東州(半田晴久)氏が発案し、呼びかけ、ファウンダーとなり、ワールドメイトとホープワールドワイド、ジャパン・リリーフ・フォー・カンボジアの3つのグループが協力して立ち上げ、運営しているものです。
     まず、ワールドメイトが政府から無償で借り受けた土地に建物を建て、ホープワールドワイドが医師を派遣し、ジャパン・リリーフ・フォー・カンボジアが政府との交渉にあたったものです。最初の建物は、丹下健三事務所が無償で設計してくれました。
     1996年12月、2階建て、40ベッド、緊急集中治療設備を擁した近代的な病院が、 カンボジアの首都プノンペンに完成しました。これが第一病棟です。


    完成した第一病棟
    完成した第一病棟
    シアヌーク病院内の建設記念パネル
    シアヌーク病院内の建設記念パネル

    建設記念パネル 日本語訳
    シアヌーク病院センター・オブ・ホープ
    設計 丹下健三(無償)
    構想・資金提供 ワールドメイト(代表 深見東州)、ジャパン・リリーフ・フォー・カンボジア(代表 バーナード・クリッシャー)
    運営 HOPEワールドワイド
    当病院は貧しい人々への無料医療提供とカンボジア人医療専門家への優良な訓練の提供のために設立された。
    開院 1996年12月10日
    開院式典には、モニニヤット王妃が臨席されました。


    深見東州氏と記念の石碑
    深見東州氏と記念の石碑
    記念の石碑
    記念の石碑
    記念の石碑
    記念の石碑

    記念の石碑 日本語訳
    病院の石碑には、こう刻まれている。
    「深見東州氏とワールドメイトの構想と寛大なる支援によって建設されたシアヌーク病院は、貧しい患者に医療を提供するために、1996年12月に開院した」
    ("Opened in December 1996, Dedicated to Providing free medical care to the needy, was built through the vision and generosity of Toshu Fukami and World Mate.")


    100万人治療記念式典でスピーチする深見東州氏
    100万人治療記念式典でスピーチする深見東州氏
    トロフィーを受領する深見東州氏
    トロフィーを受領する深見東州氏



    ●第二病棟、第三病棟の建設

    第二病棟(2003年1月完成)
    第二病棟(2003年1月完成)
    第三病棟(2004年11月完成)
    第三病棟(2004年11月完成)

     その後、第二病棟、第三病棟も、ワールドメイトが建てました。
     第二病棟は、管理、実験、育成等の目的。
     第三病棟は、医学研究および感染病との闘いに必要な治療やトレーニング等の目的で建てました。

     ワールドメイトは、特定医療に限定しない、運営費の根幹を担う部分を負担し続けています。他の部分は、公的資金の導入です。これをホープワールドワイドが担っています。公的資金とは、グローバルファンドや、アメリカのODAにあたるものです。これは、エイズや結核、マラリア治療にあてるもので、それ以外の目的には使えません。

     現在、400人近いスタッフがいますが、ワールドメイトは、これらの人件費や運営費、水道光熱費を賄っているのです。これが、一番基本となる運営費の部分です。だから、病院の運営の根幹を、ワールドメイトが担ってると言えるのです。

     この病院ができたことで、年間約10万人の方(しかも、貧しさや難病のために、他の病院で治療を断られてきた方々)が治療を受け、年に数千人以上の尊い命が救われています。
     1996年から今日まで、約117万人の人達に治療を施し、人々の命を救ってきたのです。(2012年10月現在)

    シアヌーク病院(ワールドメイトが支援するカンボジア無料救急病院)の治療実績
    1996年12月の開設から2012年10月現在までの、無料治療の総患者数
    117万 9112人

    Total Patient Visits (総患者治療数)
    117万 9112人
     内訳 ・Emergency Department(救急医療)
    ・Medical Outpatient Visits(医療外来患者訪問)
    ・Medical Specialty Clinics(医療特別クリニック)
    ・CRC Patient Visits(CRC患者訪問)
    ・Surgery Clinic Care( 外科診療 )
    ・Mobile Clinic & Telemedicine(移動クリニック&遠隔治療)
    33万7997人
    21万7430人
    33万7680人
    17万1134人
    7万5168人
    3万9703人
    Medical Inpatients (内科入院『医療入院』)  
    9801人
    Surgical Inpatients (外科入院)  
    7990人
    Operations & Procedures (手術&処置)  
    1万4440件



    Sihanouk Hospital(シアヌーク病院)
    St.134, Sangkat Vealvong,
    Khan 7 Makara, Phnom Penh,
    Cambodia